NISA(ニーサ)

積立NISA(ニーサ )の対象ETFの運用は本当におすすめ?銘柄とデメリット

減税(節税)が受けることができる、つみたてNISA(ニーサ )では、指数に連動したETF(上場投資信託)を運用することができます。

しかし積立NISAでのETFでは、通常のネット証券が取り扱いをしているETFの種類と比較しても圧倒的に商品数が少なくデメリットの方が目立ってしまう場合が多くあります。

この記事では積立NISAで運用可能な対象ETF商品の特徴と、運用する価値があるのかデメリットを含めてご説明して行きます。

積立NISAで運用可能なETFについて

ETFとは「上場投資信託」と言われる金融商品の1つです。

普通の投資信託はファンドマネージャーが集めたお金を使って株式を買います。

一方でETFは、投資信託を株式のようにしてその権利を売買します。

ETFは投資信託で徴収される信託報酬(管理手数料)が格安なことがメリットです

このようにちょっと変わったETFが積立NISAでも運用できるようになりました。

ヨリコ
ヨリコ
なるほど、ETFを積立ね。

ETFはいくつかの株価の平均である場合が多いので値動きが安定している特徴があって運用しやすいけど、あまり積立NISAでは聞かないわね。

積立NISAで運用できるETF

積立NISAでは3本のETFに投資することができます。(2018年9月時点)

ETFの名前 信託報酬 管理会社 取扱会社
ダイワ上場投信 日経225 0.1728% 大和投資信託 大和証券
ダイワ上場投信 日経TOPIX 0.1188%
ダイワ上場投信 JPX日経400 0.1944%

日経225(日経平均)日経TOPIXはニュースでも良く聞かれる指標です。

JPX日経400とは東京証券取引所が成長力のある400社を厳選した指標です。

【参照リンク:JPX日経400 東京証券取引所ホームページ

ネット証券の取り扱いのETF種類と比較

ETFに投資できる証券会社

これら魅力的なETFですが、積立NISAとして投資できるのは大和証券のみです。

ヨリコ
ヨリコ
エえ?大和証券だけなの?なぜETFの積立は一般的でないのかしら。

ネット証券大手のSBI証券や楽天証券では、一般口座で国内・海外合わせて数百本のETFの売買をすることができます。

しかし、これらのETFは積立NISAとしては取り扱っていません。

ネット証券大手のSBI証券や楽天証券ではこれらETFと同じ指標を使ったインデックスファンド(投資信託)を積立NISAで運用できるようにしています。

手数料も安く投資信託とは違った魅力のあるETFですが、なぜ積立NISAでの取り扱いが少ないのでしょうか。

▶️SBI証券の特徴はこちら

▶️楽天証券の特徴はこちら

結局積立NISAでETFは運用すべきなのか?

積立NISAは投資初心者にやさしいルールが金融庁より決められています。

このルールがETFにとってはデメリットになっているのです。

買付手数料

積立NISA対象の投資信託では買い付けるときの手数料は無料と決められています。

一方でETFの場合は株式と同様に買付手数料が発生します。

信託報酬が低く抑えられている

積立NISAでは、投資信託の信託報酬を低くするように金融庁が指示しています。

もともとETFは信託報酬の安さがメリットでした。

しかし積立NISAではそのメリットを発揮できなくなっているのです。

モナ
モナ
なるほど、NISAで運用できる投資信託は手数料がやすい傾向にあるので、ETFでの運用のメリットはあまりなくなっているということですね。

【比較表:積立NISAのETFと同様のインデックスファンド】

このように、日経平均ではインデックスファンドの方が安くなっています。

他の2つも0.1%にもならない差なので、あえてETFにするかどうか迷うところです。

配当金の再投資

積立NISAの投資信託の場合、配当金(分配金)は自動で再投資されます。

一方でETFの場合、配当金は現金として戻されます。

積立NISAの場合、運用成績を上げるために配当金も全て再投資することが重要になります。

ETFで運用した場合、再投資の手間を自らの手で行う必要があります。

コストと手間を考えると、積立NISAでETFを運用することにメリットは少ないようです。

こんな人はETF活用も

しかし条件によってはETFの活用をオススメすることができます。

積立NISAは年間の非課税投資枠が40万円と決められています。

そのため年間40万円以上の貯蓄を目指す人にとっては、ETFを使った2つの選択肢がオススメできます。

  1. 40万円までを積立NISAで運用。残りをETFに投資する
  1. 一般NISAで年間120万円までをETFを中心に運用する

NISAの特徴と積立NISAの比較は「NISA(ニーサ)口座とは?節税で賢く運用〜特徴とメリット・デメリットについて」の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
NISA(ニーサ)口座とは?節税で賢く運用〜特徴とメリット・デメリットについてNISA(ニーサ)は株式投資初心者(未成年や主婦など)の方でも、一度は少額投資する場合にお得になると聞いたことがある言葉だと思います。 ...

まとめ

ETFは投資のプロも絶賛する完成度の高い金融商品の1つです。

積立NISAとの相性はイマイチですが、資産運用の中では上手に活用したいですね。

ヨリコ
ヨリコ
積立NISAでは一般の投資信託で運用する選択肢の方があって弾力的に運用ができそうね。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ABOUT ME
ヨリコ
ヨリコ
はじめまして! 私は『丸の内OL』・・・・あっ!になりたかった専業主婦のヨリコです。息子の仮想通貨投資に興味を持ち、仮想通貨の関連株投資挑戦中!! 何かあったらパパに相談!
ヨリコがオススメしたい証券会社比較ランキング