楽天証券

楽天証券の運用のメリットは?〜気になる特徴と口コミについて

楽天証券は、楽天グールプの子会社として、国内大手証券会社の一つです。

楽天証券では、株、債券、FXなどの豊富な取引と、業界最安値の手数料、そして取引ごとに楽天スーパーポイントが貯まる仕組みになっています。

また楽天銀行と連携することにより「預金金利が5倍になったり、楽天スーパーポイントでATMの無料引き出し回数が増えたりとお得が満載です。

楽天証券の取引システムである「マーケットスピード(MarketSpeed)」は、高機能なチャートが表示ことができ、取引に慣れた人は楽天独自のマーケットスピードで詳細に価格を確認したりと定評のあるシステムです。

 

ヨリコ
ヨリコ
大手証券会社楽天証券。取引ごとに楽天ポイントが貯まるので、楽天市場を利用する人は必見よ!

楽天証券の特徴

楽天証券は楽天市場、楽天銀行など楽天グループが運営する会社の一つとなります。

楽天証券の取引の種類▼▼

株式取引(現物・信用) 外国株取引(中国・米国・ETFなど) 投資信託
FX(外国為替) 純金・プラチナ積立 国内・海外債券
先物・オプション取引 外貨MMF ロボットアドバイザー
個人型確定拠出年金(iDeco)

 

楽天スーパーポイントが貯まる!!

楽天市場を積極的に使われている人は、取引ごとに楽天スーパーポイントが貯まるので、貯まったポイントで楽天市場でお得に買いものができたりします。

基本的には「取引手数料の1%」がポイントとして貯まっていくことになっています。

楽天銀行と連携すると普通預金金利が5倍!

楽天証券の大きなメリットとして「マネーブリッジ」というサービスがあり、それで楽天銀行と連携することで「預金金利が5倍」になるという仕組みがあります。

楽天銀行と連携する特徴としては、

👉マネーブリッジを使って連携

👉預金金利が0.1%と5倍に!

👉楽天証券で楽天スーパーポイントが貯まる

👉楽天証券の取引でポイントがたまれば、楽天銀行での振込手数料やATMの引き出し手数料無料の回数が上がる。

となっています。

ヨリコ
ヨリコ
楽天銀行を持っていない人は、楽天証券の口座開設後に楽天証券から楽天銀行の口座開設ができるわ。両方申し込むより、どちらかを経由して口座開設した方が簡単だわ。

マネーブリックで連携は楽天証券から簡単設定

楽天証券の口座開設後に、楽天証券のサイトから簡単に楽天銀行と連携することができます。

画面右上の「設定・変更」から「ポイント・楽天銀行連携」から進むことで簡単に楽天銀行と連携することが可能です。

ロボットアドバイザーの「楽ラップ」

楽ラップは楽天証券がサービスを行う「ロボットアドバイザー 」になります。

ロボットアドバイザー の特徴は、その人の特性に応じて自動で買い付けをして運用してくれるため、初心者での簡単に運用することが可能です。

👉「適性診断」を行うことでその人にあった運用方法で運用してくれる。

👉楽ラップの運用者は2万人

👉最低投資金額は10万円から

👉毎月の積立設定も可能

👉個別株のように頻繁な売買がないため初心者にも気軽に運用可能

また全般的なロボットアドバイザー の特徴については「ロボットアドバイザーが初心者にオススメの理由〜忙しくても運用可能」の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
ロボットアドバイザーが初心者にオススメの理由〜忙しくても運用可能ロボットアドバイザー(ロボアド)は、ウェルスナビやTHEO(テオ)などがあり、気軽に株式投資が自動でできることから、主婦や学生をはじめ初...

楽天証券の3種類の手数料について

楽天証券の取引手数料は以下の3タイプがあります。

👉超割コース:貸株、投資信託の残高や信用取引の額に応じて手数料が割引になるコース

👉ワンショットコース:取引一回ごとに手数料が発生

👉いちにち定額コース:1日のトータルの取引代金で手数料が決定

ヨリコ
ヨリコ
株の初心者の方で、頻繁に売買せず株を買って中長期で持っている人は「超割コース」がお得よ!

超割コースについて

超割コースは普通に株の取引する人が利用する手数料になっており、ネット証券業界でも最高水準の安さとなっています。

また取引手数料の1%が楽天ポイントになります。

以下「現物」手数料です▼

取引金額 手数料(税抜き)
5万円 50円
10万円 90円
20万円 105円
50万円 250円
100万円 487円
150万円 582円

以下「信用取引」手数料です▼

取引金額 手数料(税抜き)
10万円 97円
20万円 145円
50万円 194円
50万円以上 378円

楽天銀行は他の証券会社と比べても格安の手数料となっています。

なので、楽天銀行を使っていることや楽天市場を積極的に使っている人は楽天証券で統一して使うのが一つの選択肢となると思います。

ヨリコ
ヨリコ
楽天証券は超割コース(大口優遇)というものがあって、貸株や投資信託の残高が5000万円以上の方は手数料がさらに安くなる仕組みになっているの。

ワンショットコース

ワンショットコースは1回の取引でかかってくる手数料になり、現物と信用取引が金額が違います。

以下「現物」手数料です▼

取引金額 手数料(税抜き)
10万円 150円
20万円 199円
50万円 368円
100万円 657円
150万円 786円
3,000万円 1,244円
3,000万円以上 1,314円

以下「信用取引」手数料です▼

約定金額 手数料(税抜き)
10万円 97円
20万円 145円
50万円 194円
50万円以上 378円

 

いちにち定額コースについて

いちにち定額コースは、デイトレーダーのように1日になども取引する方向けのコースになっています。

1日の約定金額合計 手数料
50万円 463円/日
100万円 926円/日
200万円 2,160円/日
300万円 3,240円/日

300万円以上は、100万円ごとに手数料が1080円追加。

ヨリコ
ヨリコ
手数料は他の大手証券会社と比べても遜色ないわ。なので、画面が見やすいか、取引がしやすいか、楽天市場をよく利用するかなども点も重要ね

👉手数料の変更は毎日楽天証券のサイトからできます。

👉楽天ETFの手数料は無料(楽天が組んだ銘柄のETF)

 

日経新聞が無料で購読可能

日本経済新聞は日本での投資の情報が幅広く網羅されている新聞で、通常朝刊と夕刊を購読する場合「4500円」の料金が必要になりますが、楽天証券では無料で購読ができます。

楽天証券は、大和証券なども含めて日本経済新聞が無料で購読ができる数少ないネット証券です。

楽天証券の取引システム「マーケットスピード」

楽天証券は通貨の取引システムに加えて「マーケットスピード」という高機能なチャートが使えるのも特徴に一つです。

*マーケットスピードを使わなくてもチャートを見たり、通常の取引は楽天証券のサイト上から可能です。

マーケットスピードは通常「3ヶ月2500円」の利用料がかかることになっていますが、

  • 最初の利用は3ヶ月無料
  • 取引の実績(国内・外国株取引など)があると次月の利用料無料
  • 預かり資産30万円以上

など基準が緩いので、無料の条件に当てはまる方は積極的にシステムを使われている方も多くいます。

またスマホアプリの「ispeed」では外出先も含めて気軽にチャートやニュースを確認したり、取引が可能となっています

楽天証券の口座開設について

楽天証券の口座開設には以下の必要書類が必要になります。 *マイナンバーは楽天証券だけでなく、全ての証券会社でも提出が義務付けられています。

口座開設はネット上で可能なため、簡単に口座をすることができます。

 

👉身分証明書(運転免許証・個人番号カード・パスポートなどどれか1通)
👉マイナンバー(個人番号カードもしくは通知カード)

書類はネット上でアップロード可能なため、事前に画像を写真にとってパソコンに保存しておけば大丈夫です。

スマホで口座開設の場合はスマホのカメラでとって直接アップロード可能となります。

口座開設の手順についての詳細は「証券会社口座開設の注意点と流れ」の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
証券会社口座開設の方法(注意点・流れ)と必要提出書類について株(仮想通貨関連株など)取引をするためには、まず証券会社(ライブスター証券🔗や楽天証券🔗など)の口座を開...

まとめ

以上楽天証券についてご紹介してきました。

楽天証券の大きなメリットとしては、楽天グループとして、楽天銀行と連携し、おまけに楽天ポイントも貯めることができるという点です。

楽天証券」「楽天銀行」「楽天市場」など楽天のサービスを使う人には特にお得になり、ぜひ楽天証券の利用がオススメと言えます。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ABOUT ME
ヨリコ
ヨリコ
はじめまして! 私は『丸の内OL』・・・・あっ!になりたかった専業主婦のヨリコです。息子の仮想通貨投資に興味を持ち、仮想通貨の関連株投資挑戦中!! 何かあったらパパに相談!
ヨリコがオススメしたい証券会社比較ランキング