株取引の初心者入門

株式投資の少額からの始め方〜いくらから運用可能?

株(仮想通貨関連株含む)未成年でも取引が可能ですし、少額からスタートする場合は「単元未満株」や「ミニ株」を購入することによって、株を保有することができます。

株式投資はやはり経験がものを言っていくるため、実際に企業の業績や株価を調べて『証券会社🔗』で少額からでも投資することで、その後も投資に興味が湧いてくることが多いです。

ヨリコ
ヨリコ
株は実際持ってみることで興味が湧いてくるわよ!一般的に100万円単位じゃないと投資ができないと思っている人もいるけど少額から投資が可能よ!
モナ
モナ
株を持つと、その会社のことが気になってそれが自然と株の学習も進んでいくと思います。
あわせて読みたい
株の初心者特集!〜株って何?投資で儲ける仕組みと特徴を簡単に説明株式投資(仮想通貨関連株など)の何? 株式投資とは? という株の基礎知識について小学生や中学生にも分かりやすく、株式投資の流れをご説明し...

株の少額からの購入は「単元未満株」「ミニ株」

株を少額から購入する場合は「単元未満株」「ミニ株」で購入を行えば、通常の「単元株」より安い株数で買うことが可能です。

上の図は『SBI証券🔗』の注文画面になります。

通常株を買うときには「株価*単元株数=株の購入金額』となります。

つまり上の画像からすると、3270円*100株=約32万円から

株を購入することができます。

しかしながらこれが、「ミニ株」であれば、10分の1の10株(3万2千円から)となり、また「単元未満株」では1株(3270円)から購入可能となります。

つまり

  • ミニ株→単元株の10分1から購入可能
  • 単元未満株→1株から購入可能

ということになります。

ヨリコ
ヨリコ
ミニ株もあるけど、今の主流は「単元未満株」よ!1株からなので多くの株で1000円単位で購入ができるわ。

単元未満株の購入方法については

単元未満株を購入するときは、上の画像のように注文画面でまず「単元未満株」を選択します。

これで一株から購入が可能になります。

各購入株数の特徴について

単元株 単元未満株 ミニ株
売買可能銘柄 全て ほとんどの銘柄 一部の銘柄
売買単位 単元株数 1株 単元株数の10分1
手数料 安い やや安い 割高
配当金 受け取れる 受け取れる 証券会社を通じて持ち分に応じて受け取る
優待券 あればもらえる 企業によって変わる。 もらえない

 

👉多くの証券会社がミニ株を採用している。
👉売買手数料が単元未満株は単元株に比べやや割高だから中長期でもつ運用であれば問題ない。

株を買うには証券会社の口座を開設しよう。

株式投資ができるおすすめの証券会社については、証券会社の規模、手数料の安さ、銘柄の取り扱い数など総合的に判断して下記の記事でまとめています。

あわせて読みたい
株証券会社の口座開設格付けランキング〜ヨリコが初心者へおすすめしたい!初心者へおすすめしたい株式投資(仮想通貨関連株銘柄含む)の証券会社ランキング(選び方)を格付けでまとめました。 株を買う場合に必要...
ヨリコ
ヨリコ
ヨリコが初心者にオススメしたい証券会社のランキングになるわ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ABOUT ME
ヨリコ
ヨリコ
はじめまして! 私は『丸の内OL』・・・・あっ!になりたかった専業主婦のヨリコです。息子の仮想通貨投資に興味を持ち、仮想通貨の関連株投資挑戦中!! 何かあったらパパに相談!
ヨリコがオススメしたい証券会社比較ランキング