onetapbuy(ワンタップバイ)

One tap buy(ワンタップバイ)の定額プランと都度プランの手数料の違いを比較

スマホアプリ株式投資ができるOne tap buy(ワンタップバイ)では、購入手数料(売買)が現在のところ毎月定額の「定額プラン」と1回あたりの売買で手数料がかかる「都度プラン」があります。

この2つのプランの違いを比較してどちらがおすすめなのかをご紹介します。

基本的にOne tap buyは少額の株式投資には手数料が高いどころか、大手のネット証券(SBIや楽天)と比べても安くなります。

そして、新しく追加された「定額プラン」は月に980円の手数料で売買し放題となっているため、ある程度の購入金額でも安く取引ができるため、10万円以上を超える取引ではデメリットであったOne tap buyにメリットが増えたということになります。

 

One tap buyでの手数料

One tap buyでは現在「定額プラン」と「都度プラン」があります。

それぞれのプランの特徴についてご紹介して行きます。

また、One tap buyの特徴と全般的な仕組みについては「One Tap BUY(ワンタップバイ)はどれくらい儲かるの?〜取引実績と利益について」の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
One Tap BUY(ワンタップバイ)はどれくらい儲かるの?〜取引実績と利益について証券会社口座を持たなくても気軽に1000円から株式投資ができるOne Tap BUY(ワンタップバイ・スマホ証券)は本当に初心者でも主婦...

 

One tap buyの定額プラン

One tap buyでは定額プランがあり、

月に980円(税込1,058円)の手数料で、国内株、外国株が月に取引し放題というプランです。

*また外国株を買う場合は、都度プランと同じように為替手数料「35銭(1ドルあたり)」かかることになります。

都度プラン

都度プランは、売買のたびに手数料がかかる仕組みになっていて、従来からOne tap buyでありました。

手数料は

相場が空いている時間・・・0.5%

相場が閉じている時間・・・0.7%(米国株)

となっていて、米国株を買う場合は「為替手数料35銭(1ドルあたり)」がかかります。

*為替手数料については、例として「1ドル=100円」の場合に米国株を10ドル(1,000円分)購入する時に、約3.5円(35銭×10ドル)の為替手数料が発生することになります。

2つの手数料を比較〜

2つの手数料を比較する場合に

  • 1回の取引金額
  • 毎月の取引回数

の目安を頭に入れておけば大丈夫です。

取引回数(往復) 1回あたりの取引金額(0.5%*2)
1000円 5000円 10000円
1回 10円 50円 100円
10回 100円 500円 1000円
20回 200円 1000円 2000円
50回 500円 2500円 5000円
100回 1000円 5000円 10000円

 

都度プランは一回の取引が0.5%なので、取引回数の往復で1%の手数料がかかります。

それを上の表にまとめました。

「定額プラン」が月980円なので、それを上回る場合は

・1回の取引が1000円で月100回まで

・1回の取引が5000円で月20回まで

・1回の取引が1万円で月10回まで

は「都度プラン」がお得になる計算となります。

つまりそれ以上になるなら「定額プラン」を選んだほうがお得になるということになります。

大手ネット証券と比べると?

One tap buyの購入手数料については、手数料が安い大手証券のSBI証券と比べると

  • 日本株であれば1万円以内の取引
  • 米国株であれば10万円以内の取

であれば、ネット証券より安くなるため、One tap buyは、気軽に少額から取引できるのに加えて「少額の取引は手数料が安い」ということが言えます。

まとめ

以上One tap buyの2つの手数料についてまとめました。

One tap buyは、少額の取引については手数料が大手証券会社よりも安くなるため、初心者や主婦にでも気軽に取引ができる株式投資と言えます。

口座開設もネットで簡単にできますので、一度チャレンジして見ると今後の資産運用について少額からステップアップできると思います。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ABOUT ME
ヨリコ
ヨリコ
はじめまして! 私は『丸の内OL』・・・・あっ!になりたかった専業主婦のヨリコです。息子の仮想通貨投資に興味を持ち、仮想通貨の関連株投資挑戦中!! 何かあったらパパに相談!
ヨリコがオススメしたい証券会社比較ランキング